グッズ

ロードバイクを目立たせるテールランプはこれ! 選び方や気になるメーカーも紹介

ひよこん
ひよこん
テールランプがあればいいんじゃないの?
ぽんぱち
ぽんぱち
電池切れでも安心できるようにしたいよね

自転車のテールランプは都道府県で決められているルールを守らないといけません。

でも、ルールは都道府県によって異なっています。

例えば愛知県だと、愛知県道路交通法施行細則に「灯光の色が橙色又は赤色で、夜間、後方百メートルの距離から点灯を確認することができる性能を有する尾灯」を備え付けてる必要があるとされています。

また、反射器材を取り付けていれば尾灯はなくてもいいとも書かれています。

ぽんぱち
ぽんぱち
東京都は赤色じゃないとダメだよ

でも尾灯だけだと電池切れを起こしていると法律違反だし、自身も危険です。

ではどんなライトを購入すれば良いのでしょうか。

この記事を書いている僕は

  • 普段は愛知県の名古屋市内、尾張地方(知多地方含む)、三河地方や三重県、岐阜県でサイクリング(ゆるポタ?)を楽しんでいます。
  • 5年前はロングライドを楽しんでいて、名古屋から大阪まで日帰りライド&輪行も経験しました。
  • ビワイチを目指す初心者の友達とロードバイクを楽しんでいます。

僕は100kmまでをサイクリング、100kmを越えるとロングライドと言っています。
また、このブログでは50kmをポタリングということにしています。

このテールランプがおすすめ

ひよこん
ひよこん
車にひかれないようにするには目立たないとっっ

僕がおすすめするのはCATEYE(キャットアイ)のTL-AU165です。

これはLEDを点滅させるタイプですが、リフレクタータイプなので電池切れでも車のヘッドライトで光ります。

またボタン電池式ですが100時間持つのと明るさと振動センサー付きなのでスイッチはオンにしっぱなしにしておきましょう。

トンネルでも勝手に点灯してくれるので安心です。

リフレクターはキャッツアイの性能が良いので、リフレクタータイプをキャッツアイを選ぶのがいいと思います。

こちらもリフレクター付きなので点灯ではなく点滅で大丈夫です。

僕が街中で乗るときに使っているのはリフレックスオートです。

こちらは大きいですが、すごく目立ちます。
ただし、サドルバッグと干渉するとリフレクターのカバーが外れます。

ぽんぱち
ぽんぱち
夜の街はこれぐらい目立った方が安心だよ

でも、テールランプメーカーはキャットアイだけではないので他のメーカーも見てみましょう。

テールランプを選ぶ方法

リフレクターはあった方がいい

テールランプを点灯させれば尾灯が不要という都道府県が多いですが、電池切れの際にリフレクターがないと法律違反以前に自分の身が危ないです。

理想はリフレクターのついたテールランプと自動で点灯するタイプを2つつけることです。

ぽんぱち
ぽんぱち
電池切れも安心だね

自動で点灯 or ライトと連動点灯

テールランプはライトと違って手が届きにくい場所に取り付けます。

でも使いたい場面は夜間でなければトンネルを通るときや、太陽が隠れて薄暗くなったときです。

ひよこん
ひよこん
走っている最中に点灯させたいな

安全に走りながら点灯させるためには明るさセンサーがついているタイプかライトをつけると連動してテールランプが付くタイプを選ぶといいです。

ライトと連動してつくタイプは複数のテールランプを点灯させたいときに便利です。

ぽんぱち
ぽんぱち
ヘルメットとシートポストのランプを点灯したいときにいいね

電池はどのタイプでもOK

テールランプの光はフロントライトよりもかなり弱いためボタン電池でも100時間点滅するものもあります。

ですので充電電池や乾電池で選ぶよりも好みのモデルや機能で選ぶと良いです。

メーカはこれ!

ライトってなかなか買い替えないですし、価格も結構します。
ですので信頼できるメーカーから選ぶのが良いと思います。

  • CATEYE(キャットアイ)
  • TOPEAK(トピーク)
  • MOON(ムーン)
  • LEZYNE(レザイン)

CATEYE(キャットアイ)

先ほどのテールランプ以外に、ライト連動タイプやブレーキの減速を感じて光るものもあります。

ここのリフレクターは道路の反射板に使われるなど信頼度が高いです。

ライト連動タイプにもリフレクター付きがあるといいのですが、今のところはありません。

シンク キネティック TL-NW100K

ライト同士がつながり連動するCatEyeSYNC対応モデル(シンク)と加速度センサー内蔵で減速を知らせる「キネティックモード」搭載のテールランプです。

今のところシンクでつなぐことができるライト、テールランプの種類が少ないので、積極的に選ぶ必要はないと思います。

ラピッド マイクロオート TL-AU620

充電式で軽量・コンパクトなうえ、夜間やトンネルなどの暗いところでライドなどの振動を感知して自動で発光するライトです。

TOPEAK(トピーク)

RedLite Aero(乾電池式)

単4電池1つで点灯40時間、点滅80時間です。

自動で点灯するようなセンサーは付いておらず、リフレクターもついていないので、単独では使わない方がいいです。

MOON(ムーン)

ORION

リフレクター付きで充電式のテールランプです。

小型でデザインも良いです。

連続点灯時間は5時間30分とちょっと短く感じますが、フラッシュなら53時間使えます。

ARCTURUS AUTO PRO

充電タイプで明るさに応じて点灯してくれるテールランプです。

エアロポストに付けられるブラケットもついています。

LEZYNE(レザイン)

STRIP DRIVE REAR

270度の視認性があるため横からも車から目立ちます。

充電式で15ルーメンで使用した場合、点灯時間は7時間と安心です。