ロードバイク始めよう

愛知、岐阜(美濃)、三重(北勢)、静岡ってサイクリングにいい環境だ 最近ほんとに思うようになってきた

ひよこん
ひよこん
サイクリングにいい環境ってなに?
ぽんぱち
ぽんぱち
僕も最近思い始めたところ

ぽんぱちです。

サイクリングルートを考えるためにグーグルマップを見ていて気づいたことがあります。

それは尾張地方に住んでてよかったな〜ということです。

今日はそんなふうに思ったことを、将来自分が読み返した時のために記しておきたいと思います。

この記事を書いている僕は

  • 普段は愛知県の名古屋市内、尾張地方(知多地方含む)、三河地方や三重県、岐阜県でサイクリング(ゆるポタ?)を楽しんでいます。
  • 5年前はロングライドを楽しんでいて、名古屋から大阪まで日帰りライド&輪行も経験しました。
  • ビワイチを目指す初心者の友達とロードバイクを楽しんでいます。

僕は100kmまでをサイクリング、100kmを越えるとロングライドと言っています。
また、このブログでは50kmをポタリングということにしています。

環境いいってナゼ思った?

ブログを書き始めたから

このブログを書き始めてから、今まで以上にサイクリングコースのルートを考える時間が増えました。

そのおかげでグーグルマップと睨めっこしている時間も増えました。

なので、グーグルマップを地形表示にしてみたり、徒歩ルートで高低差を見てみたりしています。

そうしているうちに僕が住んでるところってサイクリングをするには環境がいいなと思うようになってきました。

その理由は

平野がいっぱい

僕は坂が苦手なので、ルートを考える時に出来るだけ平坦な道を走りたいと探しています。

関東平野にはかないませんが、濃尾平野は結構広く、名古屋、尾張、美濃まで平坦なルートで行けます。

西側を見てみると三重県の海側も伊勢の方まで続いていますし、東側をみるとちょっと丘を越えれば岡崎平野、豊橋平野が続き、静岡県も坂を登らずに行けてしまいます。

まぁ、海側の近い地域に住んでる人に共通して言えることですが。。。

とは言っても、南には知多半島があるので、サイクリングで東西南北の広い地域を楽しむことができる所だなと、最近思うようになりました。

ひよこん
ひよこん
ちょっと遠回りしても坂を避けちゃうな

山も近い

また、関東平野ほど広くないので、山が近いのもいいです。

この地域は美濃三河高原や養老山脈、鈴鹿山脈などがあります。

坂は苦手ですがたまに登りたくなる時もあります。

そんな時に山が近いといいなと感じます。

グルメライドがしやすい

昔はロングライド志向でしたが、今はグルメライド志向です。

人口密集地が広がっているので、それに比例して飲食店があります。

その分だけ名店が多くなります。

輪行もしやすい

電車の路線が多いので、行きはサイクリングを楽しみ、帰りは輪行で帰ることがしやすいです。

輪行を覚えると時間にかなり余裕ができるのでおすすめです。

サイクリングで風景を楽しみ、ちょっとした街でポタリングを楽しみ、グルメをゆっくり楽しみ、電車で帰ってくる。

行きに電車で行けば帰りは下り行程で走ることもできます。

電車で豊橋駅まで輪行して渥美半島を一周したり、鷲津駅まで輪行して浜名湖を一周して、輪行して帰るなんてこともしやすいです。

ぽんぱち
ぽんぱち
電車の路線がいっぱいあるとトラブルで自走できなくても安心だよ

サイクルショップが多い

ロードバイクのパンク修理ができるサイクルショップがあるのは安心です。

ロングライドの時はチューブを2本持って行きますが、それでもダメな時はあります。

そんな時にサイクルショップがあるのは心強いです。

仏式のタイヤはダメだよってところもありますが、最近はスポーツバイク専門店だけでなく、あさひやイオンバイクなどのチェーン店もあるので安心です。

これも人口密集地のいいところだと思います。

ひよこん
ひよこん
買ってからもお店にちょこちょこ行くよ

コンビニが多い

ここまでくるとこじつけになってくるかも。。。

コンビニを探さなくても、ちょっと走れば見えてくるのは本当に助かります。

もちろん主要道路にはコンビニありますが、主要じゃない道路にもあることが嬉しいです。

コンビニがなければ水分を結構持って走らないと行けないし、補給食も気軽に買うことができません。

コンビニが今のようになかったら真夏の暑い時に体に水を掛けてクールダウンするなんて所業は、命を危険に晒してしまいます。

サイクリング環境はコンビニがあるおかげで飛躍的に進化したと思います。

目的地がいっぱいある

平地が広いと目的地もいろいろ設定できますし、1つの目的地に複数のルートを走ることができます。

ですのでコースの幅が広がり、サイクリングに行ってみたい場所も増えます。

距離もいろいろ選ぶことができます。

ひよこん
ひよこん
ロードバイクをいっぱい楽しみたいな