ロードバイク始めよう

【初心者】パンク修理をやってみよう サイクリングのメイントラブル対応 原因編

ひよこん
ひよこん
サイクリング中のパンクが心配だな

サイクリング中に一番多いトラブルがパンクだと思います。

走る距離が長くなるほどパンクを経験することがでてきます。

でもパンクは慣れれば簡単に直すことができるし、メンテナンスとしてのタイヤ交換も自分でできるようになります。

だからパンク修理に慣れて、安心してロングライドにいきましょう。

パンク修理はパンクの原因を把握するところから始まります。
今回は原因別のパンクをみていきましょう。

ぽんぱち
ぽんぱち
サイクリング時のトラブルのほとんどはパンクだよ

この記事を書いている僕は

  • 普段は愛知県の名古屋市内、尾張地方(知多地方含む)、三河地方や三重県、岐阜県でサイクリング(ゆるポタ?)を楽しんでいます。
  • 5年前はロングライドを楽しんでいて、名古屋から大阪まで日帰りライド&輪行も経験しました。
  • ビワイチを目指す初心者の友達とロードバイクを楽しんでいます。

僕は100kmまでをサイクリング、100kmを越えるとロングライドと言っています。
また、このブログでは50kmをポタリングということにしています。

パンクには種類があるよ

大まかに分けると原因は3つ

タイヤはクリンチャーならタイヤとチューブで構成されています。

パンクは大きく分けて、タイヤにトラブルがあるものとチューブにトラブルがあるもの、ホイールにトラブルがあるものとあります。

トラブルの種類
  • ホイールが原因
  • タイヤが原因
  • チューブが原因

ホイールが原因のパンク

ホイールが原因のパンクは主に2つ

  • リムテープの劣化
  • ホイールのバリ

が考えられます。

ホイールが原因のパンクの場合、サイクリング中に起きても修理することはできません。

日常のメンテナンスで修理しましょう。

リムテープの劣化

リムテープは1年ごとに変えることをすすめているサイトが多いですが、僕は2年使っても大丈夫でした。

でも不安を取り除くためには1年を超えていたら、ロングライド行く前には交換しておくといいと思います。

リムテープは自分で交換できますし、リムテープのいらないホイールなら関係ありません。

ただし、リムテープはとても硬く、初めて交換するときはリムテープが千切れたり伸びるんじゃないかと思ってしまいます。

リムテープはこんなものです。

ホイールのバリ

ホイールのバリがある場所はニップル穴(スポークの先端が見える穴)と接合部分です。

ニップル穴はリムテープでカバーされていれば問題ありません。

接合部にバリがあればヤスリでならします。

タイヤが原因のパンク

タイヤが原因のパンクは主に4つ

  • タイヤに穴が空いている
  • ケーシングがほつれている
  • タイヤに異物が刺さっている
  • タイヤが裂けている

タイヤを交換しないといけない場合と、引き続き使える場合とあります。

タイヤに穴が空いている

自動車のタイヤは距離を走っているとすり減ってくるのは良く知られていますが、自転車のタイヤも同じようにすり減ります。

自動車のように車検がないので、すり減っても乗り続けられてしまします。

その結果、穴が空くまで使用されたタイヤが原因でパンクしてしまいます。

この場合、タイヤの交換をしないとすぐにパンクしてしまいま
す。

ケーシングがほつれている

ケーシングって聞き慣れない単語だと思いますが、簡単に言えばタイヤの土台です。

タイヤはケーシングの上にトレッドというゴムが乗っています。

下の絵のような感じです。

このケーシングは繊維でできていますが、その繊維がほつれてチューブに刺さったりします。

この場合、タイヤを交換しないとすぐにパンクしてしまいます。

タイヤに異物が刺さっている

タイヤにガラスや針が刺さってパンクすることがパンクの一番のイメージだと思います。

雨が降るとガラスや針などが道路の縁から走行ゾーンに運ばれやすいので、雨の後のサイクリングはパンク率が上がると言われています。

ガラスなどが刺さってパンクした場合、タイヤから抜かないと再びパンクしてしまします。

異物を抜いてしまえば、チューブを交換するだけでパンクは修理できます。

タイヤが裂けている

こちらも異物が原因ですが、先ほどと違っってチューブだけでなくタイヤにも被害が出ています。

サイクリング中の場合はこれ以上タイヤが裂けないように、緊急修理としてガムテープをタイヤの内側から貼り、パンクを修理します。

近くの自転車ショップまで走り切るのが目的の修理です。

チューブが原因のパンク

チューブが原因のパンクの場合は、サイクリング中でも修理可能です。

チューブが原因のパンクは主に5つ

  • リム打ち
  • 劣化で穴が空いている
  • バルブが壊れている
  • チューブのねじれ
  • タイヤとリムに挟みこみ

整備不良、故障、修理時のチェック不足によるものが原因です。

ぽんぱち
ぽんぱち
定期的な交換と日頃の整備が大事だよ

リム打ち

リム打ちとは、タイヤの空気圧が低かったり、段差に勢いよく乗り上げたし衝撃でチューブに穴が空いてしまうことです。

パンク原因の確認の仕方ですが、大きい穴が2つ空いている場合が多いので見つけやすいです。

ロードバイクに乗る前に必ず空気圧を確認することと、段差などを乗り越えるときは抜重したり、スピードを落としてタイヤへの衝撃を減らすことで防げるパンクです。

劣化で穴が空いている

チューブはタイヤの中で守られていますが、タイヤとの接触で摩耗します。

また、チューブ横も劣化で穴が空きやすい箇所です。

チューブごと交換して修理します。

バルブが壊れている

空気を入れる際に、バルブの先端を曲げてしまったりして起きます。

バルブだけを交換することはできないので、チューブごと交換します。

チューブのねじれ

これはチューブを交換した時にチューブがねじれたまま空気を入れたことで風船が割れるようにパンクしてしまうことです。

パンクの修理時には焦らずに確認をすれば防げるトラブルです。

タイヤとリムに挟みこみ

こちらもチューブのねじれと同じで、チューブを交換した時の確認不足が原因で起きるパンクです。

ひよこん
ひよこん
修理したことが原因でパンクするなんて。。。

パンクの原因の種類がわかってきたらいよいよ修理にチャレンジしてみましょう。