グッズ

初心者が選ぶべきペダルはこれ! ステップアップの流れも

ひよこん
ひよこん
自転車なのにペダルが付いてない!!

ロードバイクでは自転車に絶対必要なペダルが付いていないことが普通です。そう、ペダルは別売りです。

クロスバイクの場合は付いてるものが多いですが確認が必要です。

ロードバイクになぜペダルが付いていないのか???

それは、必要なペダルの形が人それぞれ違うからです。

じゃぁ初心者が最初に買うべきペダルはどれか?ロードバイクをもっと楽しみたくなったらどうしたら良いのでしょうか。

ひよこん
ひよこん
ペダルに種類があるの??

この記事を書いている僕は

  • 普段は愛知県の名古屋市内、尾張地方(知多地方含む)、三河地方や三重県、岐阜県でサイクリング(ゆるポタ?)を楽しんでいます。
  • 5年前はロングライドを楽しんでいて、名古屋から大阪まで日帰りライド&輪行も経験しました。
  • ビワイチを目指す初心者の友達とロードバイクを楽しんでいます。

僕は100kmまでをサイクリング、100kmを越えるとロングライドと言っています。
また、このブログでは50kmをポタリングということにしています。

先に結論です

最初に買うべきペダルはこれ

先に結論を言ってしまいますが、フラットペダルを買いましょう。

こんなペダルですが日本製がいいです。

ママチャリについているアレです。

理由は、あなたがロードバイクに慣れていないからです。
慣れるまではビンディングペダルのメリットがデメリットに変わってしまいます。

もっと言うと、100km、200km走るようになってもフラットペダルでも大丈夫です。

ぽんぱち
ぽんぱち
ママチャリと同じやつでいいよ

でも、競技志向で始める人はビンディングペダルを最初から買いましょう。

将来、フラットペダルからビンディングペダルにステップアップするときはこの記事をご覧ください。

大きく分けて2つの種類がある

  • フラットペダル・・・シティーサイクルについているもの
  • ビンディングペダル・・・スポーツサイクルでよく使われているもの

フラットペダルは足を乗せるだけで、ペダルと靴が固定されていません。

ビンディングペダルはペダルと足がクリートというパーツで固定されています。スキーでいう板とブーツのようなものです。

なぜフラットペダルがいい?

理由1 フラットペダルと靴が固定されていないので、バランスが崩れた時など、地面に足をつきたい時に自然と足をつくことができます。

理由2 フラットペダルには表裏がなく、どっちの面にも足を乗せることができます。

理由3 ビンディングペダルと比べて安いです。

理由4 ビンディングシューズを買わなくていい。

ひよこん
ひよこん
いろいろ揃えないといけないから安いのは嬉しい

金属製のペダルでも3,000円ぐらいで購入できます。
おすすめは樹脂製のものです。

なぜか樹脂製のフラットペダルがおすすめか?

それは、ロードバイクに慣れてきたらビンディングペダルが欲しくなるからです。

「樹脂製のフラットペダルの次は、金属製のフラットペダルにしよう」なんてことはほとんどの人は思いません。

なら、より安い樹脂製のフラットペダルにしましょう。

注意が必要なことも

樹脂製のフラットペダルにはデメリットもあります。

雨の日など靴底が濡れていると滑りやすいです。

金属製のフラットペダルの方が滑りにくくなっています。

ペダルを選ぶ時9/16芯を選ぶようにしましょう。
1/2芯は一般的ではありません。

主流の規格で、弊社ペダルはすべて9/16インチのネジになっております。
主に一般車、電動アシスト車、ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイク、一輪車などほとんどの自転車に採用されています。

MKS三ヶ島製作所より

ビンディングペダルって必要?

ビンディングペダルは競技用

ビンディングペダルは競技用です。だから競技をしない人には必要ありません。

競技しなくても買ってしまう

でも、ロードバイクを続けていると競技をしない人もビンディングペダルにしてしまうのです。

なぜ?

趣味でロードバイクに乗っていても、しだいにもっと楽に走りたい、もっと早く走りたい、もっと遠くまで走りたいと思うようになるからです。

そのためには体力をつける方法もありますが、フラットペダルからビンディングペダルに変えても実現できます。

ビンディングペダルにすると何が違う?

じゃぁ、フラットペダルとビンディングペダルの違いはなんでしょうか?

一番の違いはペダルと靴が固定されていることです。

これにより足の力が効率よくペダルに伝わります。

ざっくり言うと、フラットペダルは踏むと力が伝わりますが、ビンディングペダルは回して力を伝えるように違っています。

またビンディングペダルを使うにはビンディングシューズを履きます。
そのシューズのソールは硬く曲がらないため、より足の力が効率よく伝わります。

効率よく走れることで、疲れにくくなりますし、早く走れるようになります。

そして、もっと遠くへ行くことができるようになります。

フラットペダルからビンディングペダルへ

フラットペダルから卒業してビンディングペダルにするタイミングは先ほど書いた、もっと楽に走りたい、もっと早く走りたい、もっと遠くに走りたいと思った時です。

ビンディングペダルには種類があり、それぞれ特徴があります。
そしてそれぞれの種類に互換性はありません。

また、ビディングの種類が変わればシューズも変えないといけない場合もあります。

ですからロードバイクで楽しむ方向性がしっかりしてきてからビンディングペダルを選んだ方がいいです。