グッズ

サイクリングに行くならサドルバッグはあった方がいい リュックでもいいけどポタまでだよ

ひよこん
ひよこん
リュックがあるからサドルバッグを買うのはもったいないでしょ
ぽんぱち
ぽんぱち
リュックはポタリングぐらいまでで、距離を走るなら買った方がいいよ

ぽんぱちです。

ロードバイクのサドル下にバッグをつけている人が多いですが、何が入っているのでしょうか?

僕の場合は、パンク修理道具やスマホ用のバッテリーなどが入っています。

リュックやウェストバッグでもいいじゃないかと思うかもしれませんが、ポタリングまでなら有りだと思います。

でも、それ以上だとサドルバッグを買った方がいいと思います。

それは

  1. バッグは背中が暑い
  2. そんなに荷物を持って行かない
  3. お土産を買わない

中学生の時に常滑までサイクリング行って、急須をお土産に買ってきたことはありますが、大人になってからのサイクリングではお土産を買ったことはないです。

ぽんぱち
ぽんぱち
お土産を買うときは車か電車で行くときだよ

この記事を書いている僕は

  • 普段は愛知県の名古屋市内、尾張地方(知多地方含む)、三河地方や三重県、岐阜県でサイクリング(ゆるポタ?)を楽しんでいます。
  • 5年前はロングライドを楽しんでいて、名古屋から大阪まで日帰りライド&輪行も経験しました。
  • ビワイチを目指す初心者の友達とロードバイクを楽しんでいます。

僕は100kmまでをサイクリング、100kmを越えるとロングライドと言っています。
また、このブログでは50kmをポタリングということにしています。

おすすめのサドルバッグ

僕がおすすめするサドルバッグは、トピークのアタッチメントタイプです。

その中でも、エアロ ウェッジ パック (クイッククリック) Mサイズです。

なぜ、これをおすすめするかというと

  1. クイッククリック仕様
  2. チューブを2本入れても少し余裕がある
  3. 容量を増やせる
  4. リアランプを付けれる

①は、バッグの取り付けがストラップタイプよりもストレスが少なく、取り付け方に気を付けなくてもバッグが横揺れしにくいです。

②は、ロングライドだとチューブを2本持っていく場合が多く、更に少し余裕があるので、モバイルバッテリーとかを入れることができます。そしてLサイズだと僕は大きすぎると感じます。

③は、近場だから荷物をスリムにするとか、今日は遠出をするからちょっと大きくしたいとか、サイクリングに持っていくグッズによってサイズを変えれます。

④は、サドルバッグをつける場所はリアランプと一緒の場所です。シートポストを長く伸ばす人は関係ないかもしれませんが、リアライトが見にくくなってしまいます。
そんな時にリアランプをバッグに付けれるのは安全です。

おすすめは1つのモデルの1サイズですが、他にもいろいろなバッグの形状、サイズがあります。

ひよこん
ひよこん
すごく大きいのもあるね

では、サドルバッグはどうやって選んだらいいでしょうか。
トピークのバッグで見てみましょう。

サドルバッグの選び方

距離によって持ち物を考える

出かける距離によって持ち物の量が変わってきます。

僕は走る距離が100kmまでなら、チューブを1本、それ以上なら2本持っていきます。

だから、近場のサイクリングのためにSサイズを買うのは有りだと思います。

僕はサドルバッグは1つにしたかったのでMサイズを選びました。

また、ジャージの背中に荷物をあまり入れたくない人はLサイズのサドルバッグを買うといいと思います。

ただし、輪行用と兼ねないようにした方がいいです。
行き、帰りとも同じ駅を使うなら駅のロッカーに荷物をおいていけばいいですが、違う駅を利用する場合は輪行のグッズを持って走ることになります。

そうなると荷物は結構大きくなってしまいます。

取り付け方はアタッチメント?ストラップ?

僕はサドルバッグを取り外すので、取り付けにストレスがないアタッチメント式がいいと思います。

もし自転車を複数台持っていて、付け替えが必要な場合はサドルにつけるF25フィクサーを追加購入する必要があります。

それでも、ストラップ式よりもいいと思います。

また、ストラップ式は付け方によってはバッグの横揺れがひどくなるので、その点でもアタッチメント式は優れています。

防水は不要

防水タイプのバッグもありますが、僕は防水はいらないと思います。

防水がなくても、バッグの中身をビニール袋に入れれば荷物は濡れません。

ひよこん
ひよこん
もうちょっと他のもみたいな

トピーク

エアロ ウェッジ パック (ストラップ マウント) Mサイズ

エアロウェッジパックにはストラップタイプもあります。

サドルのレールがレール間隔43mm、Ø7mmに該当しない場合はアタッチメント式は使えないのでこちらがお勧めです。

プロパック Sサイズ

アタッチメントだけで取り付けられる小型のバッグです。

チューブが1本だけでいいときのバッグを買うならこれがおすすめです。

モンドパック ハイドロ

大容量のサドルバッグです。

その上、ボトルも収納できます。

コンビニが少ないルートを走る場合には心強いです。