ポタリング らくらく50kmまで

【サイクリング】塩釜口〜猿投駅

ひよこん
ひよこん
ロードバイクもアイテムもある程度揃ったからサイクリングに行きたいな

こんなお悩みを解消します。

この記事を書いている僕は

  • 普段は愛知県の名古屋市内、尾張地方(知多地方含む)、三河地方や三重県、岐阜県でサイクリング(ゆるポタ?)を楽しんでいます。
  • 5年前はロングライドを楽しんでいて、名古屋から大阪まで日帰りライド&輪行も経験しました。
  • ビワイチを目指す初心者の友達とロードバイクを楽しんでいます。

僕は100kmまでをサイクリング、100kmを越えるとロングライドと言っています。
また、このブログでは50kmをポタリングということにしています。

今回おすすめするサイクリングコースはポタリング。

猿投駅が目的地です。

ぽんぱち
ぽんぱち
香嵐渓への足掛かりにしたいな

目的地までの地図概要

ぽんぱち
ぽんぱち
GoogleMapには自転車を選択できないので徒歩を選択してるよ

猿投駅は足をのばすと香嵐渓があったり、豊田安城サイクリングロードのスタート地点が近かったりします。

片道21km、往復42kmほどですから、ちょうどいいポタリングです。

またロードバイクだけでなくクロスバイクやMTBでも充分楽しめる距離です。

ぽんぱち
ぽんぱち
いろいろな所に行けるようになるね

赤池までは自動車に注意

スタートは塩釜口駅

名古屋から北や西へサイクリングするときは名古屋城スタートが多いですが、今回は東へのサイクリングですので塩釜口駅をスタートにします。

他にも植田駅、原駅なども集合しやすいと思います。

塩釜口駅へは準備運動がてら自転車に乗ってきたり、車載、輪行して集合することができます。

ひよこん
ひよこん
郊外よりも駐車場があるとこが便利だね

赤池方面へ

県道56号を植田駅、原駅、平針駅方面へ走り、平針交差点を左折して県道58号に入ります。

交通量がやや多く、お店に入る車が右左折することで頻繁に車が止まるので注意が必要です。

国道153を越える

赤池周辺を通りすぎると間もなく国道153号が現れます。

国道153号を越えてるとやや巡航速度をあげやすくなりますが、ちょっと左手(北)の道路を通るとより巡航速度があがります。

野方三ツ池の横を通り、蟹甲交差点を通り、県道57号の瀬戸大府東海線も越えます。

走っていると米野木駅から北にある米野木東交差点があり、この交差点が上で書いた北のルートとの合流地点です。

さらに進み、東名高速の高架を潜ります。

愛知池を経由し三好ヶ丘を行くルートもあります。
愛知池の横は爽快に走ることができます。

ぽんぱち
ぽんぱち
三好ヶ丘経由は急な登り坂が3つあるから今回は通らないよ

北のルート

北のルートは国道153号で移動するのが迷いにくいのでおすすめです。

その道を進むと道路標識で日進市役所は左と表示されている丁字路を左折し、もう一つ北の道路まで走ります。

次の交差点を右折すると日進市役所の北側を走る道路です。

突き当たりまで、この道路を走ります。

突き当たりを右折し、次の信号が米野木東ですので左折し、もとのルートと合流です。

巡航スピードが上がるよ

さらに58号を進む

東名高速の高架を越えてると巡航スピードを上げやすくなります。

さらに進むとしばらくすると名古屋商科大学のある三ヶ峯の交差点があります。
三ヶ峯は天白川の源流です。

さらに県道58号を進んでいきます。

国道155号を右折

県道58号をひたすら進むと国道155号にあたります。

その交差点で右折します。

県道58号も右折しています。

ぽんぱち
ぽんぱち
突き当たりを右折だよ

県道58号を左折

県道58号は次の交差点で左折するので国道155号と分かれます。

猿投駅へのルートもその保見町塚原の交差点で左折します。

案内標識に左折すると足助となっています

いよいよ猿投駅

足助方面に左折すると愛知環状鉄道の保見駅ロータリーが左手に見えてきます。

そこから少し進むと目的地の猿投駅です。

昔は猿投駅から先の路線もありましたが、今はここが終点駅です。

近くには井上一丁目しだれ桜がありますので、春のサイクリングでしたら寄ってみましょう。
自動車は駐車できないですが、自転車なら楽しめます。

ぽんぱち
ぽんぱち
さらに足を伸ばせば香嵐渓にも行けるね