ロングライド 風景を楽しむ100km〜

【愛知県】知多半島一周(チタイチ)サイクリング まるは食堂、師崎港を楽しもう 前半

ひよこん
ひよこん
家から出発できるロングライドがしたいな

名古屋市やその近郊に住んでいるなら知多半島一周を走るチタイチは家から気軽に楽しめるサイクリングのコースです。

ただし、気軽に楽しめるとはいっても100kmを越えるロングライドです。
サイクリングで自信をつけてから行くことがおすすめです。

ぽんぱち
ぽんぱち
ロングライドを楽しむためにはコツがあるよ

この記事を書いている僕は

  • 普段は愛知県の名古屋市内、尾張地方(知多地方含む)、三河地方や三重県、岐阜県でサイクリング(ゆるポタ?)を楽しんでいます。
  • 5年前はロングライドを楽しんでいて、名古屋から大阪まで日帰りライド&輪行も経験しました。
  • ビワイチを目指す初心者の友達とロードバイクを楽しんでいます。

僕は100kmまでをサイクリング、100kmを越えるとロングライドと言っています。
また、このブログでは50kmをポタリングということにしています。

今回の記事は名古屋から師崎港までのルートです。
師崎港から半田、阿久比経由で名古屋までのルートは次回の記事です。
また、トラブル時に寄りたいショップリストも載っています。

チタイチサイクリング

目的地までの地図概要

ぽんぱち
ぽんぱち
GoogleMapには自転車を選択できないので徒歩や自動車を選択してるよ

チタイチはルートにもよりますが、新瑞橋出発で帰りは阿久比経由だと120kmほどのサイクリングです。

ロングライドです。

ひよこん
ひよこん
日間賀島も行けるかな

またロードバイクの距離感ですがクロスバイクでも走れる距離です。

前半は野間の灯台までのルートと同じですので読んだことあるならわかりやすいと思います。

ロングライドはペースが大切

今回はロングライドです。今までにロングライドをしたことある人は全体のペース配分を考えて走れると思います。

でも、チタイチが初めてのロングライドなら100km以下のサイクリングと比べて経験や自分の体力を知っていることが大切になってきます。

その人の経験値や体力によりますが、一緒に走るメンバーにロードバイクとクロスバイクがいる場合は、前半からペースをクロスバイクに合わせたほうがいいです。

僕がロードバイク2人、クロスバイク1人で行ったとき、野間埼灯台ぐらいまではクロスバイクメンバーもペースを上げて走れていました。
そこまでは良かったのですがランチ後は前半の疲れが出てしまって平均速度がかなり落ちました。

ロングライドのコツをまとめました。

笠寺観音を抜け、日本ガイシアリーナへ

日本ガイシホールへ

環状線を南下し、カトーサイクルの前を通り、笠寺西門交差点を越え、名鉄名古屋本線の高架をくぐります。

さらに高速道路の高架をくぐりJRを越えていくと右手にコンサートなどの会場となっている日本ガイシアリーナが右手に見えてきます。

目の前の高速道路下は国道23号です。
国道23号も越えてまっすぐ進みます。

次の大通りが国道247号で、その交差点で左折します。
案内標識で国道247号と表示されています。

国道247号

知多半島に入ってからも走る国道247号は名古屋市内から走ります。

この辺りの国道247号は車線数が多く、自動車の交通量が多いですが、巡航スピードが上がります。

天白川を越えると間も無く右折ポイントです。

右折する交差点に注意

天白川を渡るとすぐに案内標識群が出ていますが、この名和北交差点は直進します。

ここで右折すると産業道路に向かってしまいます。

ぽんぱち
ぽんぱち
下の案内標識では曲がらないよ


先ほどの交差点を越えると、またすぐに案内標識が出てきます。

こっちの蓮池交差点を右折して行きます。

ぽんぱち
ぽんぱち
単独の案内標識が右折する合図だね

産業道路は自転車通行禁止

もし名和北交差点で右折し県道59号に入ってしまい、しばらくすると産業道路となります。

自動車で新舞子へ行くなら産業道路を通りますが、自動車専用道路なので自転車は通行禁止です。
絶対に入らないようしましょう。

ひよこん
ひよこん
知らないと入ってしまいそうだね

知多半島に入る

知多半島は東海市からいうことで新瑞橋から、すぐにたどりつきます。

名鉄常滑線とともに

国道247号に入り、高速道路の高架下を潜るとまもなく聚楽園駅です。

駅と道路を挟んで、大仏様のある聚楽園公園があります。
この公園のキャンプ場で電車移動のキャンプしてみたいと思ってます。

国道247号が左カーブ、右カーブと連続で続くと右折ポイントが出てきます。
案内標識で知多方面、国道247号右折とあるので迷いにくいです。

名鉄常滑線の高架をくぐり、1つ目の信号を左折します。

太田川駅前を通過

太田川駅前は東海市芸術劇場があるなど綺麗に整備されています。

その前を通り南進します。

もうすぐ新舞子

ぽんぱち
ぽんぱち
ここから気をつけるポイントが続くよ

名鉄常滑線の踏切に注意

少し行くと歩道橋があり、そこから国道155号に変わります。

さらに進むと、名鉄常滑線の踏切がでてきます。
この踏切は結構斜めに道と交差しているため、越えるときはタイヤが取られないように進入角度に注意した方がいいです。

踏切を越え、1つ目の信号の右手にあるのが知多市役所です。

危険なカーブに注意

交差点を越えると急な左カーブが現れます。

このカーブは結構危険です。

路側帯が狭く、カーブが急なので歩行者が見えないので、内側を攻めないようにします。

カーブの途中、道路の真ん中にマンホールがあるので、路面が濡れている時は滑りやすいので注意が必要です。

少し登るよ

国道155号はここから名鉄常滑線を離れていきます。

住宅街を走っていくと、案内標識が出てくるので、坊ノ下交差点を右折します。

そこからは緩やかな登りが続きます。
今回のルートで坂道が続いているのはこの辺りだけです。
帰りも同じルートで帰るので同じように登ることになります。

坂を下るとヤマナカ

国道155号を下ると右前にヤマナカがあります。
その交差点は産業道路からの道です。

ヤマナカを右手に通り抜けるとすぐに新舞子。

新舞子駅が右手に見えてきます。

常滑が見えてきた

再び名鉄常滑線

新舞子駅からは再び名鉄常滑線のそばを走ります。

踏切を斜めに渡ることが2回ありますので渡るときは気をつけます。

知多横断道路を越える

セントレアに向かう知多横断道路を越えるとまもなく常滑駅です。

ひよこん
ひよこん
知多横断道路は半地下を走ってるから気付かないけどね

海岸線を楽しもう

あえて海岸線

新舞子手前で左折し、国道155号、国道247号でいくルートを走ると巡航スピードが上がりますが、せっかくなら海を感じて走るとサイクリングをより楽しめます。

ただし、海岸線は道路に砂が乗っている箇所が時々あるのでポタリング気分でいきます。

海岸線を走る場合は、先に通ってきた新舞子駅、常滑駅の前を通りさらに進みます。

常滑駅を越えるとすぐに背の高い堤防が右手に見えてきますが、まだ海は楽しめません。

盛田味の館

道が堤防沿いを離れて、まっすぐ走っていくと県道252号は県道72号にかわります。

再び堤防沿いを走るとすぐに案内標識が出てきます。

この西小鈴谷交差点を右折し、県道274号を坂井方面へ進むと盛田味の館があります。

盛田酒造がやっているお店で、サイクリング途中に寄るなら五平餅がおすすめです。

海岸沿いをまったりと

盛田味の館を越えても海岸沿いの道は続きます。

坂井海水浴場手前ぐらいから道に砂が乗っている箇所が増えるので、まったりと海を感じながら走ります。

左には国道247号が並走していますので、海を満喫したらそちらの移動します。

海岸沿いは走っても南知多ビーチランドまでです。

もうすぐ知多半島先端

南知多ビーチランドを越える

南知多ビーチランドを越え、川を越えると右カーブ、左カーブと続き海沿いにでます。

海沿いに出るとすぐに右手に野間の灯台が見えてくるので、ここで休憩するのもいいです。

内海海岸

野間の灯台を過ぎると、すぐに内海海岸が近づいてきます。

夏は海水浴客が多いので走行に注意しましょう。

そろそろ早めのお昼をとるなら、うつみ食堂がおすすめです。

ルートから名鉄知多新線の終点、内海駅が近いので寄り道してもいいと思います。

まるは食堂 南知多豊浜本店

今となっては色んなところにある「まるは食堂」

名古屋駅や栄にもあるけれど、チタイチの際にはついつい寄ります。

もちろんエビフライを注文です。

師崎港

まるは食堂までくると知多半島先端の師崎港はすぐそこに。

案内標識が出ているので、羽豆岬の信号を右折します。

右折しまっすぐ進むと師崎港の駐車場にたどり着き、フェリー乗り場が見えてきます。

まだ食事をしていなかったら、味里 羽豆岬がありますので海の幸を楽しめます。

復路は次の記事で